​ユダヤ人教育法の取り入れ

(世界的なリーダーを輩出するユダヤ人)

•歴代ノーベル賞受賞者の35%(200人余り) (人口は世界中の0.2%)

•ハーバード大学教授の50%

•米国の40の金持ちのうち、20人

•ニューヨーク弁護士50%

著名なユダヤ人

アインシュタイン、エジソン、ビル・ゲイツ、マーク・ジャーカーバグ、ロスチャイルド、スピルバーグ、フロイト、 ジョージ・ソーラス、ウォーレン・バフェット

イスラエルの優秀な人材排出の秘訣

イスラエル最高の名門工科大学テクニオン(Technion-Israel Institute of Technology)は「創業国」として名高いイスラエルの象徴である。 イスラエルの100大企業最高経営者(CEO)の大多数がテクニオン出身。 米国ナスダックに上場したイスラエル企業の80%がテクニオンで開発した技術を活用した。 (2022年4月29日) 「優秀な人材排出の秘訣」 まずは「質問を投げるユダヤ人文化」。親は学校から帰ってきた子供に「今日何を学んだのか」と聞かない。 代わりに「今日良い質問をしたのか」と聞く 二つ目は「必要」 三つ目は「開かれた討論、自由な考え方、コミュニケーションができる文化」

インタービュー.png

アグネス・チャンさんもこの教育法で3人の子どもを育て、全員スタンフォード大学を卒業した

グラフィックス1.png
JEBS 教授法の変化従来のBC学習からAD学習へ)

• B.C.メソッド

(分析、ブロックを積み上げて完成する、   数学や工学のように学ぶ)

 

• A.D.メソッド

(神様がくださった文章のまま暗唱、簡単な原理だけですべての文章を解決する)

楽しい暗唱学習を生かす

•幼い頃、たとえ理解できないとしても、文章や言葉を頭の中に深く刻んでおけば、後で芽が出て収穫するようになる。30倍、60倍、100倍、10,000倍に爆発する。 •昔の学習法のように、5歳から千字門、四書五経など暗唱させるのと同じ原理 •英語が話せない先生も一緒に暗唱していくうちに、自然と英語が上達できる。

なぜ聖書の英語を使うのか

聖書(Bible)+ 英語(English)=Biblish

⑴ 教会だからこそ聖書を使う

⑵ 英語と聖書はグローバル的な面で相性が合う

⑶ 子どもたちの全人的な成長:人間と生き方、歴史、  文化への理解はもちろん、愛と親切、感謝、奉仕などの人格形成に至るまで健全な影響

⑷ 最高水準の英語を学ぶことができる:聖書英語は常に最高に厳選された文章

⑸ 聖書のストリーを用いて楽しく学ぶことができる

見出し h6
どういう子どもに育てるのか

⑴ 英語教育:グローバルの人間として活躍できる基礎を作る

⑵ 聖書への知識:健全な生き方、愛と力の人格形成

⑶ 社会性やリーダーシップ、自信:発表やハブルタ、歌など

⑷ 想像力と問題解決力を養う:質問やハブルタなどを通して、 物ことへの観察力、探求力、問題解決力を養う