JOY 3 movement.jpg

1. WORD RRADING(LISTENING) MOVEMENT

     (毎日最小限20-30分以上)

[エレミヤ書 15:16] 私はあなたのみことばが見つかったとき、それを食べました。そうして、あなたのみことばは、私にとって楽しみとなり、心の喜びとなりました。万軍の神、主よ、私はあなたの名で呼ばれているからです。

[ヨブ記 23:12] 私は神の唇の命令から離れず、自分の定めよりも神の口のことばを蓄えた。

[ローマ人への手紙 10:17] ですから、信仰は聞くことから始まります。聞くことは、キリストについてのことばを通して実現するのです。

 

⑴聖書読み(決まった箇所を読む)

⑵聖書聴く(聴くドラマ聖書;毎日20-30分コース利用)

聴くドラマ聖書を開き、MENUの中には「リスニングプラン」があります。そこには、4つのプラン(10分,20分,30分,45分)の4つがあります。そのうち、1つを選択して聴くことです。湯チューブやSNSを使う時間の一部でも聖書聴くことに当てる運動。

 

2. PRAYER MOVEMENT

(1日30分以上祈る・祈祷会に参加・可能な方は断食祈り)

[マタイの福音書 4:10] そこでイエスは言われた。「下がれ、サタン。『あなたの神である主を礼拝しなさい。主にのみ仕えなさい』と書いてある。」

 

[へブル人への手紙 5:7] キリストは、肉体をもって生きている間、自分を死から救い出すことができる方に向かって、大きな叫び声と涙をもって祈りと願いをささげ、その敬虔のゆえに聞き入れられました。

 

[マルコの福音書 9:29] すると、イエスは言われた。「この種のものは、祈りによらなければ、何によっても追い出すことができません。」

 

[ルカの福音書 22:44] イエスは苦しみもだえて、いよいよ切に祈られた。汗が血のしずくのように地に落ちた。〕

 

[マルコの福音書 6:46] そして彼らに別れを告げると、祈るために山に向かわれた。

 

[マルコの福音書 1:35] さて、イエスは朝早く、まだ暗いうちに起きて寂しいところに出かけて行き、そこで祈っておられた。

 

[ルカの福音書 6:12,13] 

12 そのころ、イエスは祈るために山に行き、神に祈りながら夜を明かされた。

13 そして、夜が明けると弟子たちを呼び寄せ、その中から十二人を選び、彼らに使徒という名をお与えになった。

 

3. GOOD NEIGHBOR MOVEMENT

(切実な必要・苦しみ・共感が必要な方、1-2人に関わる)

 

[ルカの福音書 10:30,33,34,35] 

30イエスは答えられた。「ある人が、エルサレムからエリコへ下って行ったが、強盗に襲われた。強盗たちはその人の着ている物をはぎ取り、殴りつけ、半殺しにしたまま立ち去った。

33ところが、旅をしていた一人のサマリア人は、その人のところに来ると、見てかわいそうに思った。

34そして近寄って、傷にオリーブ油とぶどう酒を注いで包帯をし、自分の家畜に乗せて宿屋に連れて行って介抱した。

35次の日、彼はデナリ二枚を取り出し、宿屋の主人に渡して言った。『介抱してあげてください。もっと費用がかかったら、私が帰りに払います。』

 

 

「マタイの福音書 5:16] このように、あなたがたの光を人々の前で輝かせなさい。人々があなたがたの良い行いを見て、天におられるあなたがたの父をあがめるようになるためです。

 

[列王記 第二 5:1,2,3]

 1アラムの王の軍の長ナアマンは、その主君に重んじられ、尊敬されていた。それは、主が以前に、彼を通してアラムに勝利を与えられたからであった。この人は勇士であったが、ツァラアトに冒されていた。

2アラムはかつて略奪に出たとき、イスラエルの地から一人の若い娘を捕らえて来ていた。彼女はナアマンの妻に仕えていた。

3彼女は女主人に言った。「もし、ご主人様がサマリアにいる預言者のところに行かれたら、きっと、その方がご主人様のツァラアトを治してくださるでしょう。」

祈り運動.jpg
聖書聴読.jpg
善隣愛.jpg