top of page

「ユーチューブで学ぶ信仰入門(福音と救い)」

 

Ⅰ キリストの神と人間との関係
 

Ⅱ 神の人間創造と神から離れた人間の運命

Ⅲ 救いへの道(不完全な道・完全な道)
 

Ⅳ 救いのための選択とその祝福
 

Ⅴ-❶ 救われるためには乗換える必要がある

Ⅴ-➋ この世での最大のアンバランスなEXCHANGE

Ⅵ 受けた救いの意味と確実性

Ⅶ「補助動画」死後の世界(地獄の下見)

Ⅷ「補助動画」死後の世界(天国の下見)

 

               

「Ⅴ-❶」救われるためには乗換える必要がある
32:46
「Ⅶ(補助動画)」死後の世界(地獄の下見)(ルカによる福音書16:19-31)
33:05
FUKUOKA JOY CHURCH

「Ⅶ(補助動画)」死後の世界(地獄の下見)(ルカによる福音書16:19-31)

(ルカによる福音書16:19-31) 19ある金持ちがいた。紫の衣や柔らかい亜麻布を着て、毎日ぜいたくに遊び暮らしていた。 20その金持ちの門前には、ラザロという、できものだらけの貧しい人が寝ていた。 21彼は金持ちの食卓から落ちる物で、腹を満たしたいと思っていた。犬たちもやって来ては、彼のできものをなめていた。 22しばらくして、この貧しい人は死に、御使いたちによってアブラハムの懐に連れて行かれた。金持ちもまた、死んで葬られた。 23金持ちが、よみで苦しみながら目を上げると、遠くにアブラハムと、その懐にいるラザロが見えた。 24金持ちは叫んで言った。『父アブラハムよ、私をあわれんでラザロをお送りください。ラザロが指先を水に浸して私の舌を冷やすようにしてください。私はこの炎の中で苦しくてたまりません。』 25するとアブラハムは言った。『子よ、思い出しなさい。おまえは生きている間、良いものを受け、ラザロは生きている間、悪いものを受けた。しかし今は、彼はここで慰められ、おまえは苦しみもだえている。 26そればかりか、私たちとおまえたちの間には大きな淵がある。ここからおまえたちのところへ渡ろうとしても渡れず、そこから私たちのところへ越えて来ることもできない。』 27金持ちは言った。『父よ。それではお願いですから、ラザロを私の家族に送ってください。 28私には兄弟が五人いますが、彼らまでこんな苦しい場所に来ることがないように、彼らに警告してください。』 29しかし、アブラハムは言った。『彼らにはモーセと預言者がいる。その言うことを聞くがよい。』 30金持ちは言った。『いいえ、父アブラハムよ。もし、死んだ者たちの中から、だれかが彼らのところに行けば、彼らは悔い改めるでしょう。』 31アブラハムは彼に言った。『モーセと預言者たちに耳を傾けないのなら、たとえ、だれかが死人の中から生き返っても、彼らは聞き入れはしない。』」 <メイン動画> Ⅰ.キリストの神と人間との関係 Ⅱ.神の人間創造と神から離れた人間の運命  Ⅲ.救いへの道(不完全な道・完全な道)  Ⅳ.救いのための選択とその祝福  Ⅴ. 救われるためには乗換える必要がある  Ⅵ. 受けた救いの意味と確実性 (Ⅳでキリストを救い主として受け入れた方に限る) ●Ⅶ. 死後の世界(地獄の下見)  Ⅷ. 死後の世界(天国の下見) <その他の参考資料> http://bccks.jp/bcck/176973/info
bottom of page