世界的なリーダーを輩出するユダヤ

●歴代ノーベル賞受賞者の35%(200人余り)  (人口は世界中の0.2%)

●ハーバード大学教授の50%    ●米国の40の金持ちのうち、20人     ●ニューヨーク弁護士50%

著名な

アインシュタイン、エジソン、ビル・ゲイツ、マーク・ジャーカーバグ、ロスチャイルド、スピルバーグ、フロイト、 ジョージ・ソーラス、ウォーレン・バフェット

イスラエル最高の名門工科大学テクニオン(Technion-Israel Institute of Technology)は「創業国」として名高いイスラエルの象徴である。 イスラエルの100大企業最高経営者(CEO)の大多数がテクニオン出身。 米国ナスダックに上場したイスラエル企業の80%がテクニオンで開発した技術を活用した。 (2022年4月29日) 「優秀な人材排出の秘訣」 まずは「質問を投げるユダヤ人文化」。親は学校から帰ってきた子供に「今日何を学んだのか」と聞かない。 代わりに「今日良い質問をしたのか」と聞く 二つ目は「必要」 三つ目はハブルータ伝統の影響で、「開かれた討論、自由な考え方、コミュニケーションができる文化」

u3.jpg
u2.jpg
u1.jpg
インタービュー.png

アグネス・チャンさんもこの教育法で3人の子どもを育て、全員スタンフォード大学を卒業した。

​<そこにはユダヤ人がしていた教育法がいかされていた>

グラフィックス1.png

​ 二人ずつ(または少数の人数)でパートナーとなって、質問をし、それに対する討論を行い、自然と知識や知恵を、あるいは理解を深めていくユダヤ人独特の学習方法。これにより、多くのユダヤ人は世界的に優秀な人材を多く輩出している。ユダヤ人はこういうハブルタを通して、創造力や発想力、討論文化が強くなり、生活の全般に優れた力を養うようになった。実際、世界の経済界、ノーベル賞、アメリカ有名大学の教授率が特別に高いのも、このハブルタの力によるとも言われる。小さい子供から大人まで行うことができる。答えることよりも、質問を作ることが大きな力となる。おもに教会での教育用スタディ、家族集まりや礼拝などで使いやすい。

ua5.jpg
ダウンロード.jpg
ダウンロード (1).jpg
douga-1.jpg