aa-02.jpg
​JEBS教育の特徴

●Stress&Rhythm  強勢と拍子に合わせて子供たちが暗唱できるようにします。

●反復分習法(Repetitive Part Method)の適用  無理やりの暗唱ではなく、最初からきょう学んだところまでを復習する方法を通して、自然に暗唱できるようにします。

●記憶増進法(Kinetic Memory Method)の適用  体の動きによる記憶増進学習法で、学んだ内容を体で表現してみて、単語の意味と文章を習得していきます。

●3拍子の文章構成  アニメーションセリフの大部分は、子供たちが最も効果的に受け入れられる最大3拍子の文章で構成し、英語をより簡単で流暢に話せるようにしました。

●潜在意識学習法  Puzzleをしながら文章が自然に記憶されます。特に「Hello、Jesus!」では、パズルが終わると自動的にアニメーションがもう一度再生され、聞いた文章がアニメの中で自然に溶けこみ、記憶に長く残るようになります。

●様々な活動  キネティックメモリー法を利用して体で表現するAct outによる学びです。子供たちが楽しむ遊びでその日学んだ文章や単語を自然に復習するPlay Time、単語を書きながら習得するDot Dot Dot&Words、創造的な描画や工作活動満載のFun Taskなどの多様な活動が3~5分間隔で現れ、集中しにくい子供たちの興味を誘発するのに最適化しています。

●新概念英語原理の適用  英語の文章は6つチャンクによって構成されています。「気になる順序で拍子に合わせて流れる」という原理に基づき、ストレス&Rhythmに合わせて供たちが暗唱していきます。

●問答式教授法(Q/A Teaching Method)  イラストメモリー法(Illust Memory Method)の適用 アニメセリフのほとんどは、子供たちが最も効果的に吸収できる、最大3拍子までの文章で構成しています。英語をより簡単で流暢に話すようになります。

aa-03.jpg
ff.jpg
syougakkou.jpg
スクリーンショット (1351).png
KakaoTalk_20220608_124027937.jpg
スクリーンショット (1620).png

•幼い頃、たとえ理解できないとしても、文章や言葉を頭の中に深く刻んでおけば、後で芽が出て収穫するようになる。30倍、60倍、100倍、10,000倍に爆発する。 •昔の学習法のように、5歳から千字門、四書五経など暗唱させるのと同じ原理 •英語が話せない先生も一緒に暗唱していくうちに、自然と英語が上達できる。

スクリーンショット (1388).png
スクリーンショット (1736).png
KakaoTalk_20220608_124027937_02 (2).jpg
KakaoTalk_20220608_124027937_08.jpg
KakaoTalk_20220608_124027937_09.jpg
aa-04.jpg
なぜ聖書の英語を使うのか

聖書(Bible)+ 英語(English)=Biblish

⑴ 教会だからこそ聖書を使う

⑵ 英語と聖書はグローバル的な面で相性が合う

⑶ 子どもたちの全人的な成長:人間と生き方、歴史、  文化への理解はもちろん、愛と親切、感謝、奉仕などの人格形成に至るまで健全な影響

⑷ 最高水準の英語を学ぶことができる:聖書英語は常に最高に厳選された文章

⑸ 聖書のストリーを用いて楽しく学ぶことができる

aa-05.jpg

⑴ 英語教育:グローバルの人間として活躍できる基礎を作る

⑵ 聖書への知識:健全な生き方、愛と力の人格形成

⑶ 社会性やリーダーシップ、自信感:発表やハブルータ、歌など

⑷ 想像力と問題解決力を養う:質問やハブルタなどを通して、 物ことへの観察力、探求力、問題解決力を養う

douga-2.jpg